トップ / 学校に関するクレーム

学校生活

学校のだす騒音への苦情 

昨今、学校へ「吹奏楽の練習の音がうるさい」「うるさいから運動会をやめろ」などの騒音への苦情が増加してきています。その中でも特に保育所への騒音クレームが近年急増しており、子供の騒音に敏感になりつつあります。周辺住民からは保育所施設の反対運動まで引き起こしている地域もでてきていており、保育所側も対応に手をこまねいています。他にも、小学校の近くにマンションが建てられた際、そのマンションの住人たちからの苦情があり、チャイムを停止するところがでてきたり、校庭で遊ぶ子供の声がうるさいとのクレームのため校庭で低学年の子を遊ばせないところまで出てきています。こうした事態を受け、防音壁や二重窓を取り付け、子供の外遊びの時間を配慮するなどの騒音対策を行っているところもでてきています。

学校に寄せられる苦情の数々 

最近では、モンスターペアレント、という単語まで出てきましたが、学校にはかなりの数の苦情が届いているようで、毎日教職員は対応に追われている状況です。その内容も、正当なものもありますが、最近では悪質で身勝手なものも増加しているようです。そのような不当な苦情に対してのマニュアルを独自に設定している学校もあるようです。悪質なものの内容としては、軽く注意した程度で大げさな指導を受けたとしてパワーハラスメントを訴えてくる場合や、学業成績の悪さの責任を、一概に教職員に転嫁してくる場合などです。これらは、しっかりと丁寧な対応をしないと、火に油をそそぐことになるので、注意が必要です。

髪型に関する情報

© Copyright 学校での髪型について. All rights reserved.